こころ

こころ

ストレス解消・発散に役立つ便利技「コーピング」とは?

間違ったストレス解消法、していませんか?

こんにちは、月見草です。
みんなストレスを抱えていますよね。ストレス解消はどうしていますか?
やけ食い、衝動買い、タバコ、酔いつぶれるほどの飲酒。
自分でも間違っているなーと思いながら、めちゃくちゃなストレス解消法をして余計に追い詰められる、なんてことはありませんか。

間違ったストレス解消法を続けると、依存症になってしまうこともあります。
ストレス発散のつもりが、かえってストレスを増やすことにもなるのです。

逆に、正しくストレスに対処すれば、自分のもっている力をフルに発揮できます。つまり、「ストレスに強くなりたい」とは、「自分のもつ力を存分に発揮したい」ということではないでしょうか。

ストレスに強い人って、どんな人?

ストレスに強い人というと、どんなイメージでしょうか。
鋼のような強靭な精神の持ち主を思い浮かべるかもしれませんね。専門的にも、昔はそういわれていました。
従来、ストレスに強い人といえば、生まれつき3つの要素を兼ね備える人のことをいいました。

  1. 積極的に関わること(commitment)
  2. 挑戦すること(challenge)
  3. 自分がコントロールしている感覚をもっていること(control)

この3つの要素(3C)を生まれつき持っていて、ストレスをはねのけていける人が、ストレスに強いといわれていました。

ストレス解消のスキルを身につければ今からでもストレスに強くなれる

自分はストレスに強くないな、と思われたでしょうか。
大丈夫です。昔は、ストレスに強いのは生まれつきだといわれましたが、今は、後天的に身につけることができるといわれています。

確かに、ストレスに強いかどうかは、生まれつきの性格も影響します。しかしそれよりも、ストレスを柔軟にとらえ、活用するスキルを身につけたかどうかが大きいのです。

これまでストレスに弱いと感じていた人も、これからストレス対処法を身につければ、ストレスに強くなることができます。

どんな人も、力を持っています。人と比較して自分はできていないと思うことがあるかもしれませんが、大事なのは、自分が持っている力を充分に発揮できることだと思います。

ストレスに強いとは、転んでも立ちあがれる力

今は、ストレスに強いというのは、ストレスがかかって一時的に凹んでも、また元に戻れることをいいます。強さというより、回復力、柔軟性というイメージがしっくりくる気がします。

転ばないことよりも、転んでもまた立ちあがれるほうが、本当の強さだと思いませんか。

そこでとても有効な方法の1つが「コーピング」といわれるものです。コーピングとは、「難しい場面に対処すること」という意味です。

日本では、主にスポーツ選手のメンタルトレーニングに使われています。心身を整えて、ストレスによる衝撃を予防します。

私たちでいえば、緊張する場面に出くわしたときにどう対処するか、事前に考えておくことで、立ち直りが早くなります。

コーピングには様々なやり方がありますが、その中でも簡単にできるものを紹介したいと思います。

ストレス解消の便利技・いい感情になれるコーピングの具体例

ポイントとなるのは、数の量です。ストレスを解消するレパートリーを増やすこと自分が持っている対処法の数が少ないと、依存症になりやすいといわれます。

日頃から、自分が何をすると落ち着くかを意識しておきましょう。どんなささいなことでもいいので、100個、書き出してみてください。スッキリすること、ワクワクすることなど、いい感情になるものなら何でもよいです。たったこれだけなのですが、これが、有効なコーピングの方法です。

・・・といっても、そんなに思いつきませんよね。おいしいものを食べる、温泉に行く、寝る・・・。私が最初に思いついたのは6個くらいでした。

考えていく中でヒントになったのは仏教の「八識(はっしき)」でした。「識(しき)」というのは心のことで、八識とは8つの心ということです。細かくは100にも分けられているのですが、大きくいうと8つに分けられています。
詳しく書くと長くなるので、ここでは簡単に説明します。

まず「前五識(ぜんごしき)」という5つの心があります。

・眼識(げんしき)
・耳識(にしき)
・鼻識(びしき)
・舌識(ぜっしき)
・身識(しんしき)

の5つです。今でいう五感に似ています。この5つに、

・意識(いしき)
・末那識(まなしき)
・阿頼耶識(あらやしき)

の3つを加えて、8つの心に分けられています。

まずは「前五識」に関連するコーピングの具体例を挙げてみます。その前に「前五識」についてもう少し詳しく説明しておきましょう。

「眼識」とは、単に眼のことをいわれているのではありません。色や形を見分ける心のことをいわれています。
「耳識」は音を聞き分ける心。
「鼻識」は匂いをかぎ分ける心。
「舌識」は甘、辛、酸など味を分ける心。
「身識」は寒・暖、痛・快などを感じる心。

いずれも、心のことをいわれているのです。同じものを見ても、人それぞれ、どんな心で見ているかは異なります。せっかく素敵なものが目の前にあっても、心が動かなければコーピングにはなりません。単に、眼というフィルターを通すだけでなく、眼の心で味わうということがポイントです。

コーピングの具体例

<眼識>
楽しい映画やドラマを観る・遠くの山を眺める・爪の手入れをする・観賞用の魚を眺める・草花を見つける・靴をピカピカに磨く・コントを見て大笑いする・スーツを新調する・服をコーディネートする・ぬり絵をする・クローゼットを整理する・使っていないものを捨てる・世界の絶景の写真を観る・雲の動きをぼーっと眺める・お気に入りの傘を使う・新しいマグカップを買う
<耳識>
好きな曲をヘビーローテーションする・自然の音に耳を澄ませる・好きな楽器を弾く・水の流れる音を聞く・α波やθ波のCDを聞く・昔好きだった曲をもう一度聞く・車の中で大声で歌う
<鼻識>
ハーブティーの香りをかぐ・気に入った香りのシャンプーを使う・深呼吸する・お香をたく・アロマのハンドクリームをつける・カレーのスパイスの香りをかぐ・コーヒーの香りを楽しむ・入浴剤をいれる
<舌識>
とろけるものを食べる・テレビをつけずにじっくり食事を味わう・好きなドレッシングにする・ホットココアを飲む・少しだけお酒を飲む
<身識>
マッサージをしてもらう・布団のやわらかさを感じる・お風呂の湯の温かさを感じる・とにかく歩く・何も考えずにただ走る・ヨガをやる・犬や猫をなでる・足湯につかる・ツボを押す・ドライブして風を感じる

「前五識」に加えて、6つ目は「意識」です。仏教でいう「意識」は、ふだん使っている意識とは少しニュアンスが違います。簡単に説明すると、前五識を統制し、記憶・判断・思考・命令する心です。意識を使ったコーピング例をいくつか挙げてみます。

<意識>
好きな本を読み返す・セリフを書き出してみる・日記をつける・瞑想する・旅行に行った思い出をふりかえる・思い浮かぶことを全て書き出す

おわりに

参考になりましたでしょうか。自分がいい感情になれるものを見つけてみてくださいね。コーピング100個をトイレに貼っておいたり、手帳に書いて見返したりすると、より効果を発揮します。

さて、コーピングによってストレス解消はうまくできるようになっても、何かが人生に足りない、と、もし感じるようなら……それは前五識や意識の楽しみでは解消できない部分の問題かもしれません。仏教の8つの心のうち、6つしか書いていませんでしたが、「前五識」「意識」に加えて、「末那識」「阿頼耶識」という心があります。意識よりもっと深い心です。

本当はこの深い部分こそが本当に大事な問題になってきます。
その理由と、より深い部分の問題解消法については、こちらの記事を読まれることをお勧めします。⇒年収8万円と1兆円 幸福度の差、わずか0.1の謎 マサイ族と富豪

この記事を書いた人

ライター:月見 草

人生の目的が5ステップで分かる
特典つきメールマガジンの登録は
こちらから

詳細を見る

関連記事

人生の目的とは 生きる意味やヒントを見つけるための特集ページです。

生きる意味やヒントを見つけるための特集ページです。