病気

病気

バイク事故で障害者になった俺が、生きる目的を知るまで

こんにちは、由紀です。
私たちには、時として、順風満帆だった人生が、突然の事故や病気で一変してしまうことがあります。香川県出身の斎藤和宏さん(富山県・39)も、そんな一人でした。18歳の時、バイク事故に遭い、左の手足が不自由になってしまったのです。しかし、現在は、そんなハンディキャップを感じさせないほどイキイキと、映像制作の仕事に取り組んでいます。その生きる力はどこからくるのか、インタビューしました。

バイクに興じ、青春を謳歌

斎藤さんは今、映像作品を次々に生み出していますが、アーティストを志したのは、いつ頃からですか。

幼い頃から、絵を描いたり、物を作るのが大好きでした。それで、岡山県の芸術大学に進みました。絵画や彫刻、映像制作を一生懸命学び、将来は、アーティストになりたいと思っていました。
学生時代は、芸術だけでなく、スポーツをしたり、友人と遊んだり。恋人もできて、「次はあれして」「これして」……と、楽しいことばっかりでした。
特に熱中したのが、バイクです。友人と海や山へツーリングに行ったり、バイクを改造したりして、とてもはまっていましたね。アルバイトも、バイクのためにしていたようなものです。スピードを出して、スリルを味わうのが、好きでした。
目先の楽しみを追い求め、遠い未来は考えていなかった。死ぬことも……。いつか事故に遭うのではないかと思いながらも、スピードを出し過ぎていたこともありました。今、振り返れば、バカだったなあ……と思います。

全てが暗転した18歳の冬

……ということは、交通事故は、バイクで、でしょうか。

はい。大学1年の冬の朝、バイクでいつもより少し早めに学校へと向かった時のことです。交差点を渡ろうと直進した時、2トン半のトラックが突っ込んできたのです。頭を強く打って、脳内出血と脳挫傷、足は粉砕骨折しました。左腕は、バイクを離さなかったために、腕の神経が引きちぎられてしまって……。
1カ月間、意識はなく、生死の境をさまよったと、あとで両親から聞きました。「意識が戻っても、失明と言語障害は覚悟してください」と、医者から言われたそうです。

大変な事故だったのですね……。

何とか意識は戻ったものの、手足に後遺症が残ってしまいました。足を1回、腕を3回、手術しました。特に、腕の手術は、両足から神経と筋肉を移植するという大がかりなもので、12時間も掛かりました。
体はやせ細り、足に力が入らなくなって、階段の昇り降りもまともにできず、苦しみました。高校時代、柔道部で鍛えていたので、体力には自信があったんですが、それも吹き飛んでしまった……。事故前とのギャップがひどかったですね。
「こんな体で生きていかなきゃならないのか」と思う反面、「障害なんかに負けたくない」という気持ちもありました。1年間の治療とリハビリに耐え、大学に戻ったのです。
大学では、映像制作に没頭しました。不自由な体で、大道具や小道具を準備し、機材を運んで、毎日、カメラを回しました。やがて、作品が教授に認められるようになったのです。

それは、素晴らしいことですね。

ところが4年生になり、就職を前にして、自信は打ち砕かれました。希望した映像制作会社にも、テレビ局にも入れませんでした。能率が優先される社会で、ハンディキャップを抱えた私は、どうすることもできなかったんです。
そんな矢先、2年間つきあっていた彼女にもフラれてしまって。
今まで必死で求めてきたものに、どんどん捨てられていくようでした。
「一体オレは、何をやってるんだ。どんなに頑張っても、一生苦しみと痛みからは逃れられない。必死に生きて、その先に何がある?死ぬほどの事故から救われたのに、助かった命なんて喜べない!
心が悲鳴を上げていました。

目的地知らぬ飛行機のような人生

助かった命が喜べない……。そんな悲しみの底から、救ってくれたものは、何だったのでしょうか。

タイミングよく、母が手渡してくれた本があったんです。『なぜ生きる』(明橋大二、伊藤健太郎著・1万年堂出版)です。「なぜ生きる」なんて、それまで考えたことがなかった。「おやっ?」と不意を突かれたような心地でした。
読み始めると、どんどん引き込まれていきました。
「家康も、一生、重荷をおろせなかった?」
「宇多田ヒカルも、ボクシングのチャンピオン・鬼塚勝也も、苦しんでいるのか……」
「日本最高の知性ともいわれた江藤淳氏は、最愛の妻を亡くしたのか。今のオレより苦しんでいたんじゃないか!?」
驚きの連続で、無我夢中で読みました。

いちばん心に残ったのは……?

人生を飛行機に例えられた部分です。

「一日生きれば一日死に近づいている。世界の時計を止めても、それは止まらない。万人共通の厳粛な事実である。百パーセント墜ちるとハッキリしている飛行機に乗る者はいないだろうが、生まれたときから私たちはそんな飛行機に乗っているのだ」

「人は、生まれたときが母艦を飛び立った飛行機とすれば、悪戦苦闘の生きざまは、乱気流や暴風雨との闘いであり、敵機との交戦である。激闘のすえ帰還すると、母艦の影も形も見当たらぬ。見わたすかぎりの大海原。燃料計はゼロ、としたらどうだろう。長い死闘はなんだったのか。バカだった、バカだった……」

(『なぜ生きる』)

ここを読んで、「目的地を知らずに飛んでいる飛行機?なんだ、この本は、オレのことじゃないか!」と、強い衝撃を受けました。

バイク事故で死ななくてよかった……!

お母さん、素晴らしい本をプレゼントしてくれたのですね。

はい。とても感謝しています。
前半は分かったんですが、後半の親鸞聖人の教えについて書かれた部分は難しくて。でも、何か大切なことが書かれていることだけは分かりました。
そこを詳しく知りたいと、仏教の講演会場へ向かいました。14年前のことです。

聞かれてみていかがでしたか。

「人生の目的を達成すれば、一切の苦しみが喜びに転じ変わる」と聞き、「すごい!これが仏教なのか」と感激しました。でも、同じくらい、疑う気持ちもあったんです。
本当にそんなことがあるのだろうか……と、疑いながらも、その後も続けて足を運んでいるうちに、お釈迦さまのお言葉について聞きました。
「人身受け難し 今已に受く(じんしんうけがたし いますでにうく)」のお言葉の意味を聞き、人間に生まれるのは大変難しいことで、その難しい中、生まれてきたのは、ただ苦しむためではなく、絶対の幸福になるためだったと知らされたのです。「これ一つ果たさねばならない人生の目的があった!ああ、あの事故で死ななくてよかった」と、心から思えるようになりました。

左手のひどい痛みは、今も私を苦しめます。しかし、あの事故がなければ、最も大切な人生の目的を知ることはできなかったと思います。
『なぜ生きる』にある、〈真の人生の目的を知ったとき、一切の悩みも苦しみも意味を持ち、それに向かって生きるとき、すべての努力は報われるということだ〉は、まさに私のためのメッセージです。デザインの専門学校に通ってさらに技術を磨き、あきらめずに就職活動を続けた結果、富山県で働けるようになりました。しかも、希望していた映像制作の仕事です。それまで学んだコンピュータ・グラフィックスの技術も生かすことができ、やりがいを感じています。

私のように、事故や病気で苦しんでいる人に、健常者も障害者も差別なく、本当の幸福になれることを、映像を通じて伝えていきたいですね。

斎藤さんの原動力がよく分かりました。ありがとうございました。

このサイトでは、小冊子『たった5つのステップで あなたの人生の目的がハッキリする!』を無料で提供しております。
              ↓↓↓ 

この記事を書いた人

編集者&ライター:由 紀

人生の目的が5ステップで分かる
特典つきメールマガジンの登録は
こちらから

詳細を見る

関連記事

人生の目的とは 生きる意味やヒントを見つけるための特集ページです。

生きる意味やヒントを見つけるための特集ページです。