幸せとは

幸せとは

『億男』を独自の視点で考察!お金と幸せの本当の答えとは?あらすじも|ネタバレ注意

こんにちは、齋藤勇磨です。

今回は、小説『億男(おくおとこ)』(著・川村元気、文春文庫)を紹介します。

『億男』は本屋大賞にも選ばれたベストセラーで、76万部を突破。映画化が決まり、2018年10月19日公開となりました。

この本は、著者である川村元気さんが、実際に120名もの億万長者に取材をして書いたといわれます。

いよいよ映像となった『億男』のあらすじから、テーマである「お金と幸せの答え」について「くもりのち晴れめでぃあ」ならではの視点で掘り下げてみたいと思います。

『億男』のあらすじは? ネタバレ注意

『億男』の主人公は一男(かずお)といいます。

妻の万佐子(まさこ)、一人娘のまどかと暮らしていた一男でしたが、ある日、兄弟が3000万もの借金を残して失踪してしまうのです。

借金を肩代わりした一男は、昼は図書館司書、夜はパン工場で働くことになります。その後夫婦の中は悪くなっていって別居し、一男はパン工場の寮に住み込みで働きながら、月40万ほどの収入を借金返済にあてています。

そんなある日、福引きで手に入れた宝くじが、なんと当選。
3億円もの大金を手に入れたのです。

突然、大金を手に入れた一男は、大金を手にした人がどうなるかインターネットで調べるうち不安になり、使い道に途方に暮れてしまいます。

そこで、大学時代の親友で、現在は億万長者となった九十九(つくも)に相談しようと、15年ぶりに会いに行くのです。

しかし翌日、九十九は3億円をもって雲隠れ。
100億以上の資産を持つ億万長者九十九が、なぜ、3億円とともに行方をくらましたのか。

動揺しながらも行方を求めて、かつて九十九と一緒に仕事をしていた3人の人物に会いに行きます。

3人の億万長者の話を聞きながら、一男は「お金と幸せの答え」を探していきます。

映画『億男』では、主人公の一男に佐藤健、友人の九十九(つくも)には高橋一生、その他、沢尻エリカ、藤原竜也、黒木華、北村一輝、池田エライザなど、豪華キャスト陣です。

そして、監督は『るろうに剣心』シリーズなど大ヒット映画を担当した大友啓史(おおとも・けいし)、主題歌には、BUMP OF CHICKENの「話がしたいよ」(作詞・作曲 藤原基央)と、平成最後の抜群の話題作です。

(参照:公式サイトhttp://okuotoko-movie.jp/index.html)

『億男』の現実とは?宝くじが当たったら?

『億男』の中には、主人公である一男が「宝くじ当せん者たちのその後の悲惨な人生」というタイトルのホームページを読む場面が出てきます。
そこには、

・宝くじで大金を手に入れたばかりに仕事がうまくいかなくなり、妻と離婚し刑務所に入るまで落ちぶれたトルコの大工
・親戚や友人にたかられてお金を貸し続け、しまいには行方不明になり白骨死体で発見されたドイツの郵便配達員
・わずか十五歳で当せんしたのちに豊胸手術や整形手術を繰り返し、最後はドラッグに溺れて破滅してしまったアメリカの女子高生

など、世界中の宝くじ高額当せん者の悲劇があふれていました。

また、銀行では、『【その日】から読む本』が渡されるというエピソードも紹介されています。

・安全のため、当せん金は銀行等の口座へ
・絶対に必要でない限り、現金は持ち帰らない
・当せん直後は、興奮状態にあるという自覚を
・自分の性格やクセを見つめなおそう
・神経質になりすぎていないかチェックを
・当せんは、幸せになるための手段の一つだと思うこと
・もしものときのために遺言状を作る

など、当せん者の心得が箇条書きで続いていました。

著者である川村元気さんは、小説を書くために詳しく取材をされるそうです。
いずれも、事実に基づいた内容で、物語にリアリティを与えています。

ちなみに、
サマージャンボ宝くじの場合、1等5億円が当たる確率は、1000万分の1
年末ジャンボ宝くじの場合は、1等7億円が当たる確率は、2000万分の1

サマージャンボは、年末ジャンボより、2倍も当たりやすいみたいですよ!!

ちなみに1000万分の1というのは、雷に撃たれる確率と同じ。これは、100kg、つまり、10キロの米袋10袋の中から1粒を見つける、というぐらいの確率です!

『億男』に出てくる偉人の名言とは?

『億男』の物語には、登場人物ひとりひとりの生き様や思いや行動を目の当たりしていくなかで、「あなたはどうなの?」と根本から問いかけ、心を揺さぶる力があります。

小説『億男』には、お金に対する数々の名言が出て来ます。
そこで、『億男』に出てくる名言をまとめてみました!

「貨幣とは、奴隷制度の新しい形だ」P.16(ロシアの小説家トルストイ)
「お金を持てば自由になれる」と言う人がありますが、実際はトルストイの言葉のように、お金で自由になるどころか、奴隷のようにお金に縛られて生きている人が多いようです。
「うまくお金を使うことは、それを稼ぐのと同じくらい難しい」P.31(アメリカの実業家ビル・ゲイツ)
「金持ちが、お金をどのように使うか分かるまで、その人間を褒めてはいけない」P.74(ソクラテス)
ビル・ゲイツとソクラテスの言葉は、改めて「金は使うためにある」という平凡な真理を思い出させてくれます。お金は、幸せになるための手段です。
「人生に必要なもの。それは勇気と想像力と、ほんの少しのお金さ」P.39(喜劇王チャーリー・チャップリン)
「お金はたくさんはいらない。生活に必要な分、少しだけあればいい」という人もいます。問題はその「ほんの少しのお金」がいくらなのか、ということです。小説中では皮肉にも、宝くじの3億円や、九十九の目を見張るような資産額が登場する場面でこの言葉が登場します。
チャップリン自身も、このセリフを言う直前、67万ドル(現在の9億円ほど)を手にしていたといいます。その時のチャップリンは、果たして幸せだったのでしょうか。
「お金は世界に君臨する神である」P.155(トマス・フラー)
金さえあれば何でもできるという「信仰」が、現在、世界中に最も広がっていると言えるかも知れません。
「諸悪の根源はお金そのものではなく、お金に対する愛である」P.90(サミュエル・スマイルズ)
金は善でも悪でもないが、お金への執着、欲が私たちを苦しめています。
「富は海の水に似ている。それを飲めば飲むほど、喉が渇いていく」P.134(ショーペンハウアー)
欲には、満たせば満たすほど渇くという性質があります。この欲のために、私たちは苦しんでいるのです。

『億男』の問いかけ|お金持ちは不幸なのか?

物語の中心テーマである「お金と幸せ」は、私たちを悩ませ続けています。
「お金があれば幸せだ」とは、誰も信じていないでしょう。しかし、「お金がなくても幸せだ」というのがまやかしだということも、皆が知っています。

お金で得られる幸せも、世の中にはたくさんありますね。
というより、人間のほとんどの願いは、お金で叶えることができるものだとも思います。
美味しいご飯が食べたい。
いい車に乗りたい。
旅行に行きたい。
家を建てたい。
マンションが欲しい。
願いと言うより、これらは「欲」ですね。

しかし、
何でもできるくらいの大金を手にすると、何をやっても思いのほか楽しくない。
お金があっても満たされないどころか、本当に欲しいものが何なのか分からなくなるようです。
大金を得た途端、お金が手段であることに気づき、自分が求めていた「何か」が分からず生きる意味を見失ってしまう、というのが『億男』の物語の本質なのです。

もし『億男』にブッダがアドバイスしたら?

このお金と幸せの関係について、2600年前にインドで活躍されたブッダは、「有無同然」と説かれています。
「有無同然」とは仏典に出てくる言葉で、「金や物が、あってもなくても、苦しんでいることに変わりはない」ということ。
ブッダが、人間の欲望を満たす幸せの本質を漢字4字でズバリ言い当てられたのが、この「有無同然」という言葉です。
お経には、次のように説かれています。

「田なければまた憂いて田あらんことを欲し、宅なければまた憂いて宅あらんことを欲す」
「田あれば田を憂え、宅あれば宅を憂う。牛馬・六畜・奴婢・銭財・衣食・什物、また共に之を憂う。有無同じく然り」
(大無量寿経)

この言葉は、次のような意味です。
「田畑や家が無ければ、それらを求めて苦しみ、有れば、管理や維持のためにまた苦しむ。その他のものにしても、みな同じである。ゆえに、憂いは、有る者も無い者も同じなのだ」
金、財産、名誉、地位、家族、これらが無ければないことを苦しみ、有ればあることで苦しむ。それはちょうど、有る者は「金の鎖」、無い者は「鉄の鎖」につながれているようなもので、材質が金であろうと鉄であろうと、苦しんでいることに変わりはない。これをブッダは「有無同然」と説かれています。

お金の有無が私たちの幸せと関係ないとしたら、私たちが幸せになるには、何があれば、何が無くなればよいのでしょうか。これについて分かりやすく答えた15通のメールと小冊子(PDF)を用意しました。ただいま無料で配布しております。いつまでも無料提供できるかどうかは分かりませんので、関心のある方は、このご縁にこちらからお受け取りください。
          ↓↓↓

この記事を書いた人

ライター:齋藤 勇磨



人生の目的が5ステップで分かる
特典つきメールマガジンの登録は
こちらから

詳細を見る

関連記事

人生の目的とは 生きる意味やヒントを見つけるための特集ページです。

生きる意味やヒントを見つけるための特集ページです。