幸せとは

幸せとは

宝くじが当たる確率、宝くじに当たって不幸になる確率

宝くじが当たる確率って、どれくらい?

こんにちは。編集部のコーヒーおじさんです。今日で8月も終わりですね。

こんにちは。編集部の齋藤ゆうまです。
そういえば、9月2日は「宝くじの日」だそうですよ。

いや、その前に9月1日「防災の日」なんだが……。

かたいこと言わないで、夢をみさせてくださいよ。ドリームジャンボ宝くじで、1等が当たる確率を調べてみたんです。

 

  • サマージャンボ宝くじの場合、1等5億円が当たる確率は、1000万分の1(0.00001%)
  • 年末ジャンボ宝くじの場合は、1等7億円が当たる確率は、2000万分の1(0.000005%)

サマージャンボは、年末ジャンボより、2倍も当たりやすいみたいですよ!!

ちなみに1000万分の1というのは、100kgの米の中に、1粒だけ1等がある、というぐらいの確率です!

全然うれしくないし、当たる気もしない。

ですよねー。ちなみに、他の確率と比較してみました。
  • 自動車事故で死ぬ確率 1万分の1
  • 洪水で死ぬ確率 3万分の1
  • 地震で死ぬ確率 13万分の1
  • 飛行機が墜落する確率 20万分の1
  • 雷に撃たれる確率 1000万分の1

やっぱり「防災の日」が大事ってことじゃん?

そうともいえますが、当たるかどうかは別として、宝くじの楽しみって、「ひょっとして当たるかも」というわくわく感とか、「もし当たったら何を買おうかな~」と妄想するところにあるんじゃないでしょうか。

妄想するだけで楽しいよね。いや、妄想しているだけのほうが幸せなんじゃないかな。宝くじに当たって逆に不幸になった人の話、よく聞くよね。

宝くじに当たって不幸になる確率は?

最近も『宝くじで1億円当たった人の末路』(日経BP社刊)という本が話題になりました。

ネット上でも、

「まさに天国から地獄…巨額の宝くじに当選して人生を破滅させた10人」

「【実話】宝くじ高額当選からの転落人生を送った3人の怖い話…」

など、宝くじに当たって不幸になったという実話は、数知れません。

宝くじ当選者に配られる「その日から読む本」

聞くところによると、宝くじで1000万円超の高額当選者だけに配られる「その日から読む本」というものが存在するそうです。

その本には、高額当選者の心得が、こまかく記されているという。

例えば、

  • 受け取った当選金は、安全な保管場所へ
  • 1人でも人に話せば、うわさが広まるのは覚悟しよう
  • 当面使うお金と、残すお金に分けよう
  • もしもの時のために遺言状を作ること

といった警告が、いくつも列記されているそうな。
おそらく、過去に起きた悲劇の教訓が、その本につまっているのでしょう。

誰にも言えないことが、一番つらい

宝くじに当選したら「当選したことを他人にしゃべらない」のが鉄則といわれます。

ある高額当選者の方は「誰にも言えないことが、一番つらい」と、インタビューで答えていました。もし家族にばれ、同僚にばれ、友人にばれ、知人にばれてしまったら、それから自分の身に何が起こるか。考えただけでも、ぞっとします。

宝くじ、当たらないほうが幸せに思えてきた……。

あれ?おかしいですね。でも、お金がないときは、宝くじに当たれば幸せになれるのに、と思いますよ。

やっぱり「有無同然(うむどうぜん)」か……。

宝くじにみる「有無同然」の幸せ

「有無同然」とは、お経に出てくる言葉で、「金や物が、あってもなくても、苦しんでいることに変わりはない」ということ。

お釈迦様が、人間の欲望を満たす幸せの本質を漢字4字でズバリ言い当てられたのが、この「有無同然」という言葉です。

お経には、次のように説かれています。

「田なければまた憂いて田あらんことを欲し、宅なければまた憂いて宅あらんことを欲す」
「田あれば田を憂え、宅あれば宅を憂う。牛馬・六畜・奴婢・銭財・衣食・什物、また共に之を憂う。有無同じく然り」
(大無量寿経)

この言葉は、次のような意味です。

「田畑や家が無ければ、それらを求めて苦しみ、有れば、管理や維持のためにまた苦しむ。その他のものにしても、みな同じである。ゆえに、憂いは、有る者も無い者も同じなのだ」

金、財産、名誉、地位、家族、これらが無ければないことを苦しみ、有ればあることで苦しむ。それはちょうど、有る者は「金の鎖」、無い者は「鉄の鎖」につながれているようなもので、材質が金であろうと鉄であろうと、苦しんでいることに変わりはない。これをお釈迦様は「有無同然」と説かれています。

お金がない時は宝くじが当たればなあと、無いことでわずらい、宝くじが当たれば、だれにもばれないように、と維持管理に苦しむ。まさに「有無同然」ですね。

しかも宝くじに当たっても、死んでいくときは、なんの力にもなりません。実際、今年アメリカでこんなニュースがありました。
■宝くじ1億円当たり病院で検診、末期がんで死去

米ニューヨーク州北部、シドニーという街にお住まいのドナルド・サヴァスターノさん(51歳)は、真面目で腕の良い大工さんとして知られていました。 彼は新年を迎えたばかりの今年1月初めに、地元のコンビニエンスストアで購入したスクラッチ式の宝くじで、なんと一等賞の100万ドル(日本円で約1億900万円)に当せんしたのです。

米放送局ABCなどによると、インタビューを受けたドナルドさんは、 「これで、人生が変わるよ、本当に」と喜びを表現。そして、そのお金の使い道を聞かれ、「そうだね、トラックを1台買って、それからバケーションにも行きたいね」
さらに残りは定年後の資金にするつもりだと語っていました。

そしてドナルドさんはもうひとつ、大切なお金の使い道を考えていました。それはお医者さんに行くこと。最近ちょっと体調が良くないと感じていたドナルドさんは、検診を受けたいと考えていたのです。
(略)
やっとまとまったお金が手に入ったドナルドさん。医療費の心配をしなくても良くなった彼がようやく訪れた病院で、医師が告げた言葉は、宝くじに当たったばかりで運が良かったはずの彼を打ちのめします。

ステージ4の肺がんがすでに脳にも転移しており、予後はとても良くないというのです。定年をゆっくり過ごす計画を立てていたドナルドさんやその家族にとって、なんとも痛ましいニュースとなりました。治療もすでに不可能と知ったドナルドさんは、直後にホスピスに入院。宝くじが当たった23日後に亡くなりました。51歳という、まだまだ働きざかりでした。

(出典 ナリナリドットコム

なんか、考えさせられますね。

「無から有になれば、幸せになれる」というのが私たちの常識だと思いますが、それは迷信だと仏教では教えられています。それが「有無同然」という4字なんですね。

そして、そんな有無同然の幸せではなく「有ってよし無くてよし、いつ死んでも悔いなし」という本当の幸せを、仏教は教えられています。

それはどんな幸せなのか?どうすれば、その幸せになれるのか?ということについては、こちらのメルマガでわかりやすく学べますので、ぜひ読んでみてください。(無料)



人生の目的が5ステップで分かる
特典つきメールマガジンの登録は
こちらから

詳細を見る

関連記事

人生の目的とは 生きる意味やヒントを見つけるための特集ページです。

生きる意味やヒントを見つけるための特集ページです。