幸せとは

幸せとは

本気で人生を変える最初の一歩は〇〇!『7つの習慣』に学ぶ5つの方法

【目次】

  1. 本気で人生を変える最初の一歩は〇〇!『7つの習慣』に学ぶ5つの方法
  2. 本気で人生を変えるには、無意識で選択している幸福や悲しみを、自分で設計する
  3. 本気で人生を変える人の「言葉づかい」
  4. 本気で人生を変えるには、時間やエネルギーを「影響の輪」に集中させる
  5. 本気で人生を変えるための30日レッスン

はじめに

こんにちは、心理カウンセラーの月見草です。

「他人の顔色を伺ってばかりで、悩みが多くて。もっと自分らしく生きたい。本気で人生を変えたいんです。」

こんなお悩みにぴったりな、『7つの習慣』第一の習慣をご紹介します。

「『7つの習慣』って、少し読んでみたけど難しい…」

そんな方でもわかりやすく、今すぐ日常生活で実践できるよう工夫してあります。

あなたが本気で人生を変えたいなら、私と一緒に『7つの習慣』第一の習慣を完全に身につけましょう。

『7つの習慣』第一の習慣は「主体性を発揮する」

「問題は自分の外にあると考えるならば、その考えこそが問題である。」

本気で人生を変えるには、問題(原因)を自分の内側に求める必要があります。

「それって、苦しいとき、ぜんぶ自分が悪いと思えってこと?」

そんな疑問が出てくるかもしれません。
私も苦しいとき、よく陥りがちだった落とし穴です。

自分の内側に問題(原因)を求めるとは、
正誤や善悪ではなく、自分がどうするか?」を考える、ということです。

自分の意思で、自分から行動を起こす。自分軸で動く。主体性を発揮する。

これを本気で実践すれば、あなたの人生は必ず変わります。

「主体性を発揮する、かぁ…。私にもできるのかな。」

今は不安かもしれませんが、大丈夫です。どんな人にも主体性は備わっています。
ぜひ、あなたの主体性をおもいっきり発揮して、最高の人生に変えましょう!

本気で人生を変える最初の一歩は〇〇!『7つの習慣』に学ぶ5つの方法

本気で人生を変えるには、『7つの習慣』第一の習慣に学ぶ5つの方法を、あなたの生活の中に浸透させましょう。

5つの方法とは、

◆本気で人生を変えるには、「選択の自由」を意識する。
◆本気で人生を変えるには、無意識で選択している幸福や悲しみを、自分で設計する。
◆本気で人生を変える人の「言葉づかい」
◆本気で人生を変えるには、時間やエネルギーを「影響の輪」に集中させる。
◆本気で人生を変えるための30日レッスン

本気で人生を変える最初の一歩は「状況や条件のせいにしない」ことです。

「状況や条件のせいにしないなんて、厳しそう…」

そう思われるかもしれませんが、ちょっとしたポイントを押さえれば、誰でも主体性を発揮して人生を変えることができます。

本気で人生を変えるには、「選択の自由」を意識する。

ポイントは、「出来事」と自分の「反応」の間に、選択の自由があると意識することです。

あなたは普段、つぎのどちらの反応が多いですか?

反応的な人は、その場の雰囲気に流されて、ただ感情的に反応します。反応的では、本気で人生を変えることはできません。

本気で人生を変える人は、出来事と反応の間に「選択の自由」があることを知っています。

あなたがもし反応的なことが多いなら、これからは一つ一つの出来事に対して、「どの反応を選ぶか」選択ボタンをつくりましょう。
ロールプレイングゲームのように、敵と思える出来事に出くわしたとき、選択肢を4つくらい用意して、どれを選ぶのか、自分で決めるのです。

どの選択が正解かではなく、「自分で選択する」ことに意味があります。

誰かに判断を任せるにしても、あなた自身が「この人に判断を任せる」という選択をするのです。
にげるときは、「自分でにげると決めた」という選択をするのです。

これこそ、「自分の内側に問題(原因)を求める」実践です。

自分の意思で、自分から行動を起こす。自分軸で動く。主体性を発揮する。

自分の意思で選択する。そうすれば、状況を愚痴ったり、条件を嘆いたりする、受け身の被害者でいる不幸から抜け出せます。

「状況や条件のせいにしない」

本気で人生を変える、この第一歩を踏み出したとき、あなたは自由を味わえるでしょう!

月見草流 本気で人生を変える「魔法のことば」

愚痴が出てきたら、「で、私はどうする?」

本気で人生を変えるには、無意識で選択している幸福や悲しみを、自分で設計する

確固たる決意も、あいまいな気分も、自分自身の選択です。
成功も失敗も、自分自身の選択です。
あらゆる状況で、瞬間ごとに、人は選択しています。

親のせいでもありません。
幼少期の体験のせいでもありません。
上司や同僚のせいでもありません。
社会・時代のせいでもありません。

本気で人生を変える人は、自分の人生に責任をもつ

責任(responsibility)=反応(response)+能力(ability)

自分の人生に責任をもつ、と言うと大げさに聞こえるかもしれませんが、

今おかれている状況や条件に対して、自分には「反応を選ぶ能力がある」と自覚すれば、人生に責任をもった行動になります。

たとえば…
◇末期の病気でも、精神的な強さを維持する。
◇深刻な不況下でも、実行可能な対応策に集中する。

「だけど実際、どうしようもない現実なんだよ」

あなたが苦しみの真っただ中にいるとき、そう思うでしょう。私もその気持ち、痛いほどわかります。

実際、環境要因で害を受け、悲しむときはあります。
主体的な人でも、難しい状況はなくなりません。

でも実は、厳しい経験こそ、内的な力を育成するチャンスでもあります。

本気で人生を変えるには、無意識で選択している幸福や悲しみを、自分で設計しましょう。

「この苦境で、自分はどう反応するのか」

あなたが本気で人生を変えるなら、反応を選ぶ能力を鍛えていきましょう。つらいときはいつだって、内的な力を育成するチャンスです。その積み重ねで、あなたは魅力的で感動を与える人になるでしょう。人生は変わります。

月見草流 本気で人生を変える「魔法のことば」

つらくて苦しいとき、「この経験があったからこそ、私はもっと魅力的になる」

本気で人生を変える人の「言葉づかい」

「選択の自由」をどれくらい活用できているか、主体性のレベルは「言葉づかい」でわかります。

主体性のレベルが低い人の「言葉づかい」

「私はそういう人間だから」「生まれつき」
「あいつは頭にくる」
「時間がないからできない」「年だからできない」
「夫がもっと優しい言葉をかけてくれたら」
「しかたない」「やらなきゃいけない」

あなたが今は、これらの言葉をたくさん使ってしまっていても、恥じたり、ガッカリしたりする必要はありません。

それだけ伸びしろがあり、あなたは大きく人生を変える可能性が高いからです。

本気で人生を変える人の「言葉づかい」

「ほかのやり方を選択できる」
「自分で自分の感情をコントロールする」
「そうすると決めた」
「私が優しい言葉をかける」
「こちらの方がいい」

あなたは一日に、何回考え、何回選択しているでしょう。
瞬間ごとに気分や感情は変化し、自分で人生をつくっているのです。

あなたが本気で人生を変えるなら、言葉づかいを1つでも多く、主体的に選択していきましょう。

本気で人生を変えるには、時間やエネルギーを「影響の輪」に集中させる。

本気で人生を変えるには、あなたが何に時間やエネルギーを使っているか、自覚しましょう。

そして「関心の輪」と「影響の輪」に分類してみましょう。

「関心の輪」とは

あなたが頭の中でよく考えている事柄を、紙に書き出してください。

たとえば…
□彼は私を好きでいてくれるだろうか。
□私の発言を、あの人はどう思っただろう。
□試験の結果はどうなるだろうか。
□この病気は治るのだろうか。
□不景気はどうなっていくんだろう。

それは、あなたが関心をもっている事柄なので、「関心の輪」に入ります。

「影響の輪」とは

では、あなたが関心事を解決・達成するために、今できる行動を書いてみてください。
それは、あなたがコントロールでき、周囲に影響を与えるので、「影響の輪」に入ります。

たとえば…
□笑顔と優しいことばをかけよう!
□コミュニケーションの練習をする!
□もっと勉強するぞ。
□病気が少しでも良くなるように、食事に気をつけよう。
□新たにこんな挑戦もしてみよう!

人生を変えるには、影響の輪を関心の輪に近づけていく

あなたは、日ごろ「関心の輪」と「影響の輪」、どちらに時間やエネルギーを使っていますか。

人生を変えられない反応的な人は、「関心の輪」の事柄ばかり考えます。

態度や心の状態をみれば、「関心の輪」についてばかり考えているとわかります。

自分の外側にある「関心の輪」の事柄(アウトサイド)が、自分の内側に影響を与えるので、「アウトサイド・イン(外から内へ)」という考え方です。図では、矢印が外側から内側に向かっています。

本気で人生を変える人は、時間やエネルギーを「影響の輪」に集中させます。

自分でコントロールできることに集中しているので、どんどん力をつけていくでしょう。
その結果、影響を及ぼす範囲が広がります。
あなたは魅力的になり、他人に影響を与え、環境を変える力がつきます。

自分の内側(インサイド)が、自分の外側にある「関心の輪」の事柄に影響を与えるので、「インサイド・アウト(内から外へ)」という考え方です。図では、矢印が内側から外側に向かって広がっています。

本気で人生を変えるには、影響の輪を関心の輪に近づけていくイメージです。

「問題は自分の外にあると考えるならば、その考えこそが問題である。」

自分の外側にある、状況・環境(関心の輪)が何ひとつ変わらなかったとしても、自分の内側(あり方)を変えると、問題は解決していくのです。

本気で人生を変えるための30日レッスン

本気で人生を変えるなら、主体性を発揮しましょう。

◆「出来事」と自分の「反応」の間に、選択の自由がある。
◆ロールプレイングゲームのように、敵と思える出来事に出くわしたとき、選択肢を4つくらい用意して、どれを選ぶのか、自分で決める。
◆自分には「反応を選ぶ能力がある」と自覚する。
◆時間やエネルギーを「影響の輪」に集中させ、「インサイド・アウト(内から外へ)」の考え方をもつ。

こうした「主体的に反応する力」が育成されるチャンスは、日々の平凡な出来事の中にあります。

『7つの習慣』には「三十日間のテスト」を試すように書かれていますが、どうやったらいいのか分からない、という声をよく耳にします。

主体性を発揮し、自分で選択するときに知っておくべき項目
◆本当の幸せってなんだろう
◆あなたの生きる目的をはっきりさせよう
◆どんな悩みの種があっても、乗り越える秘訣
◆見落としがちな、人生の落とし穴

これらを考え、あなたの価値観を見つめ直し、主体性を発揮する人生へと踏み出すヒントとなるよう、15通のメルマガを用意しました。

2日に一度お届けする、30日レッスンです。
(※『7つの習慣』に書かれている三十日間のテストそのものではありません。ご了承ください。)

このメルマガには、「あなたが知らなかった事実」がおそらく30以上は書いてあります。1通につき2つは発見があるはずです。どれもあなたの人生にかけがえのない資産となるでしょう。

30日間で完了するメルマガですが、
①メルマガに登録する
②メルマガなしで今までと同じ日常を送る

あなたはどちらを選びますか。どちらでもあなたの自由です。

主体性を発揮し、本気で人生を変える1日目。
あなたがその一歩をふみだすなら、私は全力でサポートします。

↓↓↓

この記事を書いた人

ライター:月見 草

人生の目的が5ステップで分かる
特典つきメールマガジンの登録は
こちらから

詳細を見る

関連記事

人生の目的とは 生きる意味やヒントを見つけるための特集ページです。

生きる意味やヒントを見つけるための特集ページです。