幸せとは

幸せとは

何のために生きてるのかな? 歴史的名答7選

こんにちは、おさじまです。

いきづらい世の中、さまざまなことで孤独を感じたり、自分が働く目的や、そもそも自分って何のために生きてるのかなと考えることはないでしょうか?

しかし、かなり根っこの深い問題ですから、答えにはなかなかたどりつけません。

人生の意味に答えを求めいろいろ調べても、ほとんどが気休めや一時しのぎのものがほとんどでしょう。

私が生きてる意味に悩んだときはそうでした。

みんないいことは言ってくれる。それなりのヒントはもらえます。そのことについては感謝しかありません。
でも「自分が本当に知りたいのは、もっと深い、奥にある問題なんです」と、心の中で叫んでいました。

そこで今回は、一個人の所見ではなく、古今東西の偉人たちが出した回答をもとに、できるだけ分かりやすいことばでお話ししていきたいと思います。

結局はそれが、あなたの悩みを晴らす最短距離だからです。

まず、いきなりですが、生きてる意味の答えからお話しします。

歴史的な知識人の答えは、実はまったく一緒だったのです。

まずはシンプルなこの答えを聞いて、心を整理してみませんか?

こちらの記事をお読みください。

記事に登場するのは、以下の7人です。

アリストテレス


古代ギリシアの哲学者です。ソクラテス、プラトンとならび古代ギリシア哲学の黄金時代を築きました。現在の学問のとらえる範囲をほぼ網羅する哲学を行い、「西洋哲学の父」といわれています。ギリシアの5ドラクマ硬貨に描かれています。

パスカル


フランスの哲学者、自然哲学者、数学者です。パスカルの原理など現代にも通じる科学者としての功績があります。「人間は考える葦」など哲学者としても歴史に残る言葉を残しています。

フロイト


19世紀のオーストリアの精神医学者です。人間が意識していないいわゆる「無意識」を初めて扱い、その精神分析は、「無意識の哲学」として非常に重要なものです。

トルストイ


19世紀のロシアを代表する文豪です。代表作に『戦争と平和』『アンナ・カレーニナ』『復活』などがあり、文学のみならず、政治・社会にも大きな影響を与えました。

カント


18世紀のドイツの哲学者です。「近代哲学の祖」ともいわれ、以降の世界に大きな影響を与えました。

プラトン


古代ギリシアの哲学者です。ソクラテスを師匠に持ち、弟子にはアリストテレスがいます。普遍的なイメージを指すイデア論を中心に哲学を繰り広げました。

ソクラテス


古代ギリシアの哲学者です。哲学の祖といわれ、現代にも通じる考えを多く残しています。

まず彼らのシンプルな答えを聞いてみましょう!



人生の目的が5ステップで分かる
特典つきメールマガジンの登録は
こちらから

詳細を見る

関連記事

人生の目的とは 生きる意味やヒントを見つけるための特集ページです。

生きる意味やヒントを見つけるための特集ページです。