こころ

こころ

悪口を言われた時、自己肯定感を高める3ステップ対処法「自分の心を癒やす」(前編)

自己肯定感を高める3ステップ「悪口を言われたら」編

こんにちは、椿修子です。
悪口を言われた時、傷ついた心を修復する3ステップを紹介しています。

  1. 他人→自分に目を向ける
  2. 自分の心を癒やす
  3. 解決に向けて行動する(自分→他人)

前回、悪口を言われた時の第1ステップをお話ししました。

自分の気持ちを外に出したら、次は第2ステップです。

自己肯定感を高める第2ステップ 自分の心を癒やす

気持ちを切り替える

他のことを考えたり、心を休ませたりして、気分をリセットしましょう。

休暇

伸びるには縮まねばならぬ

と言われるんですよ。

問題から逃げている気がして、ずっと考え続けて苦しんでいました。

マジメな人ほど、そう思われますね。
問題から逃げるのではなく、正しく向き合うために気持ちを切り替えましょう(^-^)

悪口を言う相手を心に抱かない

悪口を言う相手を思い出すと、緊張して疲れます。

ほとんどの人がそうですよ。
人間の心を、仏教では「機(き)」と言われます。
外からの作用によって、どうにでも動き出すから機械の「機」と書くんですね。

イヤな相手が心の中に居ない状態を作ることが大事です。

「忘れよう、忘れよう」と思うと、逆に意識してしまうので、他のことを考えましょう。

目標は、いつものように笑ったり、考えたりできるようになることです(^-^)

(ポイント)
★他のことを考えて気持ちを切り替える。
★悪口を言う相手を心に抱かない。

自己肯定感を高める第2ステップ 自分の心を癒やす(実践編)

わくわくリストをつくる

さて、ここからは実践編です。
みどりさんの《わくわくリスト》を例に説明しましょう。

このリストは、悪口を言われたときに気持ちを落ち着けたり、傷つきにくい、柔軟な心を育てたりできます。
みどりさんは、どんなときに、楽しい、幸せだと感じますか?

趣味のカラオケと、ネコと遊んでいるときが幸せです。

カラオケ、ネコ、ですね♪

他にはありますか?
出来るだけ多く書き出してみましょう。

(書き書き)

(わくわくリスト例)
・カラオケ
・ネコ
・楽しい事を妄想する
・睡眠
・エクササイズ
・入浴
・食事
・目標を持って取り組んでいるとき
・お笑い

楽しいことを考えていると、すごくわくわくします(^-^)

はい。人は同時にいくつも考えられません。
楽しいことを考えると、心の中のイヤな相手に居なくなってもらえますね。

そして、次にお話しすることには、とても良い効果があるんですよ♪
意識して取り組めば、傷つきにくい、柔軟な心になっていきます。

***具体的なやり方、効能などは次回***

(こちらの記事もおススメ)


(更新情報をいち早く知りたい方はこちら)

この記事を書いた人

仏教講師:椿 修子

人生の目的が5ステップで分かる
特典つきメールマガジンの登録は
こちらから

詳細を見る

関連記事

人生の目的とは 生きる意味やヒントを見つけるための特集ページです。

生きる意味やヒントを見つけるための特集ページです。